信頼関係に基づいたセルフレジ

最近、人件費削減や人手不足の解消なのかスーパーマーケットでセルフレジが増えています。自分が良く利用するショッピングセンターも一年ほど前から食品コーナーでセルフレジを開始しました。当初は横目に眺めているだけでしたが、たまたま一般レジが混雑していたので、思い切って利用してみました。係の方が親切に教えてくれたので、スムーズに会計処理が済み、それからはずっとセルフレジを利用しています。まだ高齢者ではありませんが、このセルフレジは頭の体操にもなると思い使い始めて、ふと思ったことがあります。バーコード読み取りの商品は良いのですが、野菜や果物など特売品でバーコードが付いていなくて数量を入力する場合、購入者が数を正しく入力するかが問題です。日本人は正直者が多いので大丈夫かと思いますが、中には故意に誤魔化す人がいるかもしれません。そんな時のチェックがこのセルフレジではできないような気がします。そう考えた時、このセルフレジは日本人ならではの信頼関係に基づいた方式かなと思いましたおいしいフルーツはコチラ