動物園で動物を見るよりも面白い子供観察

日曜日、甥に誘われて…というか激しくねだられて市内の動物園に行きました。まるで冬が戻ったような寒い日だったにも関わらず、駐車場は満杯。しばらく待たなければならなかったほどの大盛況に「子供は風の子」という言葉が浮かんでくるほど圧倒されました。

さっそく動物園に入園し爬虫類館であたたまろうと目論んでいたのに、甥は付属の公園に一直線です。あたり一面、子供、子供、そしてそれを見張るお父さんお母さん、ジイジにバアバたち。お互い「ご苦労様」と無言の笑みを交わす空間が何だかとっても新鮮でした。遊具の上を走り回る甥をハラハラしながら地面で見守っていましたが「ぼくこの子と遊ぶから」とあっさりフラれてしまいました。何といつのまにか見知らぬ女の子と仲良くなっているのです。子供のバイタリティー、恐るべし。

現代っ子は昔と違うなどといろいろ言われていますが、そんなこともないようです。動物園で動物を見るよりも、子供のあれこれを観察できて発見ありの面白い一日でした。tatsumi-tosou.com